指輪を手入れするポイント|長く愛用するために

ファッションアイテム

質の高いブランド製品です

腕時計

シャネルの時計は様々な種類があるものですので、購入する時にはポイントがあります。中古ではなく新品で購入する事が最適となっており、デザインを重視している方が多い傾向にあります。予算に合わせて素敵な時計が見つかります。

スーツのおしゃれを楽しむ

カフス

ビジネススーツの下に着用するシャツには、袖口にボタンがあります。ここにおしゃれとして取り付けるカフスボタンが人気です。仕事で着用するだけにおしゃれしづらいスーツスタイルですが、カフスボタンなら小さく見えにくいので派手さもなくおすすめです。

つけた後は拭くのが基本

リング

空気に触れないように保管

長く愛用したい指輪は、毎日のお手入れをきちんと行うことで、より美しい状態でキープできます。ゴールドの指輪は、酸化しにくいため、それほど大がかりなお手入れは必要ありません。指輪を外したら、メガネクロスやガーゼなどで油や汚れを拭くだけでOKです。ゴシゴシ擦らずに、優しくふくのがコツとなります。ゴールドは、純度が高いほど傷がつきやすく、変形しやすくなるため、長期間使わない時は、一つずつ個別の箱に入れて保管するのがベストです。シルバーの指輪は、酸化しやすく、ゴールドよりも念入りなケアが必要となります。毎日はめていると、それほど黒ずみは気になりませんが、しばらくつけないでいると、真っ黒に変色してしまいます。シルバーの指輪は、つけ終わったらメガネクロスやガーゼで拭いて脂や汚れを落とし、できるだけ空気に触れないように保管します。空気に触れないようにするには、ジッパー付きのプラスチックの小袋に入れ、空気を抜いて封をします。そのあと、個別のボックスに保管しましょう。ストーンがついた指輪は、どのストーンがついているかによってもお手入れ方法が変わります。基本的には、メガネクロスやガーゼで拭くという方法ですが、台座の部分など、複雑な形状の部分は汚れが溜まりやすいので、歯ブラシなどで綺麗にするのが適切です。真珠やエメラルドは、変質の恐れがあるため、中性洗剤やぬるま湯を使ったお手入れはNGです。このようなことに注意してお手入れし、美しい輝きを保ちましょう。

格好良さを追求するために

財布

最近、メンズ向けの財布の人気が高まってきています。財布はさり気なくオシャレさをアピールすることができる小物の1つです。インターネットのサイトや各ブランドのカタログなどを参考に、相手が喜ぶ財布を選びましょう。